sokonimitamono Hideaki Maki

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2020 豊川稲荷
ようやく豊川稲荷へ行ってきました。



写真2枚目の提灯掛け?(コテコテ路線ですが)表情・構造・精度等、建築としてよくできています。豊川稲荷は木彫刻にもナカナカ見応えがあります。
photo | 18:00 | - | - |
2020 新年
明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。



世田谷美術館にて「奈良原一高のスペイン」を見てきました。

奈良原さんの写真は、見る度にココロに何かが引っかかり残っていきます。

新年早々、写真と建築からとても素晴らしいエネルギーをいただいた気がします。
photo | 18:00 | - | - |
空間に線を引く 碧南市藤井達吉現代美術館
碧南市藤井達吉現代美術館で開催されている彫刻とデッサン展に行ってきました。


何と言っても、舟越保武さんのデッサンと彫刻が素晴らしかったです。 埼玉県立近代美術館で「ジャコモ・マンズー -枢機卿」と一緒に見た「舟越保武 -ダミアン神父像」も忘れがたいのですが、「LOLA」「T嬢」「ANNA」の彫刻とデッサンに吸い込まれそうになりました。 もちろん舟越桂さんの彫刻とデッサンも見ごたえがありました。


そして三沢厚彦さんの「Animal」見ていると何とも妙な気分になります。
photo | 12:00 | - | - |
クリムト展 豊田市美術館
豊田市美術館で開催されているクリムト展に行ってきました。



結構な人でしたが、絵をじっくり堪能することができました。

photo | 12:00 | - | - |
TOKYO ART BOOK FAIR 2019

今週末、東京都現代美術館で開催されるTOKYO ART BOOK FAIR 2019 7/13(土)-15(月)に出店します!

12日(金)のプレオープンは調整がつかず参加できません。

TABFでは「スケールと幻想」のTABF限定写真集を出品します。

photo | 21:00 | - | - |
THE TOKYO ART BOOK FAIR Ginza Edition「浴槽というモノリス」
4/13(土) -14日(日)は、銀座ソニーパークで開催されました THE TOKYO ART BOOK FAIR Ginza Edition にブース出展しました。



photo | 12:00 | - | - |
東京ステーションギャラリー 「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」
東京から愛知への帰り際に、東京ステーションギャラリーでアルヴァ・アアルト展を見てきました。



学生の時からカレ邸の外構などを、課題に取り入れたりするくらい個人的にしびれていました。

自宅でも、素っ気ないけれども合理的で可愛らしく美しいアアルトの家具を16年ほど使っています。(当時は取扱店が京都にしかなく、インターネットも今ほど整備されておらず、いろいろと大変でした。)

東京ステーションギャラリーのレンガの残るギャラリー空間とアアルトの展示は、とても親和性が高く感じられました。

照明が展示されている部分での黒壁の使い方、家具の展示台の数種類の高さの違い、模型展示台のアクリルケース・図面引き出しの処理、写真展示の額と写真の余白とマットの関係等々、展示に細心の配慮がなされており、そのことがこのように感じられる一因であるとも思いました。

短い時間でしたが、とても良い時間が過ごせました。
photo | 00:00 | - | - |
新潟〜善水寺・長寿寺
新潟・南魚沼・poncotan w&gに行き約一週間を過ごし、そのまま京都に直行し搬出し、帰りに滋賀に立ち寄って国宝を見て帰って来ました。(今回立ち寄った国宝は、御上神社・善水寺・長寿寺)





photo | 13:00 | - | - |
ギャラリーマロニエでのG展「京都写真展」 『スケールと幻想』
京都河原町ギャラリーマロニエでのG展「京都写真展」に参加させていただきました。(12/17〜12/23)

京都での展示ということ、グループ展のテーマが「身体論」ということから、京都を感じられる内容で新作をつくりました。

一昨年撮影していた2016キヤノン写真新世紀佳作受賞作品『スケールと幻想』の新作になります。



photo | 12:00 | - | - |
滋賀に行ってきました。
滋賀へ佐川美術館・MIHO MUSEUM・ラ コリーナ近江八幡を見に行ってきました。 (とある団体の研修バスツアーです。自分ではなかなか見に行くことがないので、貴重な体験でした。)







佐川美術館







MIHO MUSEUM  建築の豪快な材料の使い方・徹底した幾何学ディテール・国宝級の収蔵品に驚きました。







ラ コリーナ近江八幡 思っていたよりも、可愛らしいスケール感でした。


photo | 12:00 | - | - |

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.